目次道路県道とその他一般道兵庫県道292号 下立杭柏原線

兵庫県道292号 下立杭柏原線(止)

県道141号線分岐・篠山市今田町下立杭 起点 @レポート:下立杭→四斗谷(行止り)
篠山市今田町下立杭と丹波市柏原町下小倉とを結ぶ行き止まり県道。 ぷっつんぷっつん途切れること二回、つながる気配は一切無し。 三田市との市境である三本峠の辺で「兵庫県道141号 黒石三田線」から分岐する。 r292はここを右折する、r141は直進。 [地図]

R372交点・兵庫県篠山市今田町上小野原「上小野原」交差点 立杭の集落内を2車線で駆け抜ける。 言わずと知れた丹波立杭焼の郷だ。 道は国道372号線とぶつかる、この先は1つ目の途切れ箇所になる。 R373は左右の道、県道は直進する。 [地図]

山へ 国道との交差点からいきなり中央線無しの道になり山へと入っていく。 民家は消えることなく奥まで続いているが、 道なりに進んでしまうと林道奥地へと連れてかれるので注意。 ここが分岐点、右に公民館がある。 [地図]

将来的にもあり得ない峠越え きっとあの辺を越えて居るんだろうな、と思われる鞍部。 いや、実際は越えていないかも知れないのだが・・・

順当 途中登り行くハイカーに出会う、登山道になってるのかな? 程なくして森へと突入すると1.25車線→1車線→ダートへと順当に移る。

四脚駆動強し! 完全なダブルトラックの跡がある締まったダート、 今でも頻繁に需要があることが分かる。 ここで野ウサギとデッドヒートを繰り返した、四脚駆動は伊達じゃねぇな。

怪しげな広場 少し急な坂を上ると、ぱっと視界が開ける。 どうやら森を切り開いた何かの作業場のようだが、 人家の様なものがあるが生活の気配は全くしない。 檻が複数あり、犬も数匹飼われていたのがとても印象的だ。 なんだかゾクッとしたので早々に退散した。 ここから山へ上る様な車が通れるほどの道は見あたらなかった。