目次道路県道とその他一般道兵庫県道308号 曽地中三田線

兵庫県道308号 曽地中三田線(止)

県道12号線分岐・兵庫県篠山市曽地中 起点 @レポート:曽地中→小多田(逆順)
曽地中(そうじなか)で「兵庫県道12号 川西篠山線」から分岐する。 r308はここを左折する、r12は直進。 [地図]

異常気象時転回地点 反対側から見る。分岐点は異常気象時の転回地点となっているようだ。

四十九川渡河 旧「鳥居前橋」で四十九川を渡る。“旧”としたのは上流側に新たに橋が架けられ2車線のままr12に出られるよう工事中だからだ。 “鳥居前”というからには鳥居の前にあるのだろうが、あった覚えがない……鳥居の指すところは、起点の東側山裾にある曽地厄除八幡宮のことだろう。

2車線に ここから2車線となる、現在r12までの区間も2車線化工事中だ。

2車線が続く 2車線の綺麗な道が続いている。

曽地中地区 曽地中地区を行く。

曽地川沿い 曽地川の流れに沿って走る。

谷間の田畑 谷間に広がる田畑の中を走る。

小北橋で曽地川渡河 「小北橋」(おぎた)で曽地川を渡って曽地奥地区に入る。

ほたるの里 「ほたるの里」という看板が、この辺りはホタルが有名なようだ。 しかし、今はほたるの里でなくなったのか撤去されていた。

左カーブ 橋を渡ってしばらくして左カーブが待っている。

神明前バス停 神明前のバス停。近くに神明神社があるようだ。

山に沿って 山に沿って左にカーブする。

曽地奥集落へ 曽地奥の集落に入っていく。

堂前橋で曽地川渡河 再度、「堂前橋」で曽地川を渡る。近くに八幡神社があるためこの名称のようだ。

曽地奥林道分岐 この行き止まり県道から脱出できる唯一の道「曽地奥林道」への分岐路。 全線舗装されてはいるが廃道然とした完全1車線の道であまりお勧めはできない。 r37の後川下方面やr49の永沢寺方面に出られる、その二つの地区を結ぶ道に出る前に獣避けネットが張られているので注意。 県道はここを直進する、曽地奥林道は左折。 [地図]

谷が狭まる ずいぶん谷が狭まってきた。

中央線消失 ここでついに2車線でなくなる。

小多田地区 道は1車線に、この辺りは山越えてこっち側の小多田地区。

分かれ道 まともな道はここまで、県道は右の橋を渡る方ではなく左の細そうな道へ。 [地図]

不要鏡 ここにミラーは要らないような気がする。

谷奥へと伸びる道 完全1車線が谷奥へと延びる。

田圃がまだある この辺りも田圃がある。

不要鏡2 やはりこのミラーも要らない気が……

ガードレール 右手に川があるからかガードレールが現れた。

部分補修 部分的に補修されたのであろうこの区間だけ両側に白線があった。

白線消失 補修された部分を過ぎるとまた白線が無くなる、白線を施す基準があるのだろう。

森の中へ? 道が森の中に吸い込まれている。

舗装路終了 しかし、自動車ではどうやらここまでのよう、舗装路はここで途切れている。

獣避けネット その先には獣避け網が。

石碑と地蔵 何かの石碑とお地蔵さん。

道は尚続いている 未舗装だが道らしき平地は奥へと続いている。

ダブルトラック ダブルトラックが、明らかに車が入ってきているのがわかる。

土砂崩れ跡 しかも上記地点は依然訪れた際には、このように土砂崩れで道が塞がれていたのだ、わざわざそれが退かされていたことからも利用されているのがわかる。

上り気味 少し上り気味に道は奥へと続く。

開けたところ 少し開けたところに出た。

道は続く? 道が続いているように見えないが……

この先に道は無し 残念ながらこの先道はありそうもない。 [地図]

簡易な橋 左手に簡易の橋が架かっていた。

続く山道 登山道のようなモノが続いてはいるが、ルート的に県道ではないようである。