目次道路県道とその他一般道兵庫県道487号 平野舞子停車場線

兵庫県道487号 平野舞子停車場線(止)

国道2,28,250号線分岐・兵庫県神戸市垂水区東舞子町 終点 @レポート:舞子駅前→井吹(逆順)
「舞子駅前」交差点で国道2号線(国道28号線、250号線重複)から分岐する。 “停車場線”の名を冠した複合停車場線だが、舞子駅前からではなく国道2号線からの分岐となっている。 r487はここを右折する、R2,28,250は直進。上を走るのは神戸淡路鳴門自動車道、この左手に明石海峡大橋がある。 [地図]

JR山陽本線「舞子」および山陽電鉄「舞子公園」駅前 JR「舞子駅」および山陽電鉄「舞子公園駅」前を行く。

山陽電鉄、JR山陽本線交差 山陽電鉄とJR山陽本線をくぐる。

「舞子台5丁目」交差点を左折 「舞子台5丁目」交差点で県道は左折する [地図]

山陽電鉄沿い 山陽電鉄に沿って走る。

山陽電鉄「西舞子駅」 山陽電鉄「西舞子」駅前を通る。

山田川渡河 山田川を渡る。

上り 山田川を渡ってしばらくすると道は上りとなる。

路地へ しかし、そこは県道。このまま2車線の道を素直に行くはずもなく、右斜めに上っていく細い路地へと向かう [地図]

一方通行 いきなりこの狭さである。しかし、これで相互通行であれば面白味もあるのだが、残念ながら(?)上りの一方通行。

道も一緒に? 右手にある建物はまだ新しげだが、道もそれとともに新しくしたんだろうか?

車道部分だけだと…… 車道の左側コンクリート部分(溝の暗渠?)を入れても十分すぎるほど狭い。

幅員増加 ここで一方通行は終わり、道も離合できるほどの広さに変わる。

住宅街 住宅街を走る。

圧迫感の下り 下りになる、両側をガードレールに囲まれるため何となく圧迫感がある。

急カーブ 急カーブ注意。

カーブの向こうを右折 もういっちょ急カーブして、この交差点を右折する。 [地図]

今度は左折 すぐの交差点を今度は左折する。 [地図]

4車線の道 片側2車線の広い道となる。

市境の交差点 次の交差点で右折する、交差点中程より向こうは明石市。 [地図]

明舞団地 明舞団地という、昭和30〜40年頃に造成されたオールドニュータウンの真ん中を貫く。 高度成長期の県下の人口増加に対応すべく造られた団地だ。 ちなみに、中央線より向かって右側(東側)が神戸市、左側(西側)が明石市となっている。 名前の通り、明石の“明”と、舞子の“舞”。

明舞センター前 明舞団地の中心地「明舞センター」。

明石市バス 明石市バスに出会う、しかしそれもかつての姿。 市を跨いでいることから、神戸市バス・明石市バスともに運行されていたが 現在は神姫バスに委譲されている。

坂の頂点 この先に見える辺りを、一旦坂の頂点とする。

緩やかに下る 緩やかに下っていく。

県道21号線交差 松が丘北町で第二神明(「兵庫県道21号 神戸明石線」)と交差する。 橋で跨いでいるのではなく、r21はトンネルに入っている。 跨いだ向こう側で神戸市に入る。 [地図]

再び上りへ 道は再び上りに転じる。

区境 神戸市西区に入る。

再び下りに 西区に入ってしばらくのところで頂点を迎えた後、再び緩やかに下っていく。

小中高同一区域 右手に小中学校が、左手には高校がある。この高校に行ってしまうと、学生生活の12年間を極限られた生活空間で過ごすことになるんだろう……ある意味楽っちゃ楽なのかな。

2車線に 伊川谷高校前で車線が絞られ片側1車線となる。

県道488号線分岐 長坂で「兵庫県道488号 長坂垂水線」が分岐する。 r487はここを直進する、r488は右折。 [地図]

急坂と急カーブ 今までの道が嘘のように、急坂と急カーブでもって下る。

信号待ちの車列 カーブの向こうに信号待ちの車列があるので速度には注意。

r487ヘキサ 「兵庫県道487号 平野舞子停車場線」県道標識。

国道2号線バイパス合流 「長坂東」交差点で国道2号線(神戸西バイパス)およびと第二神明北線と交差する。 r487はここを直進する、左右の道がR2BP、上の道は第二神明北線。 [地図]

交差点の向こうを左折 「長坂東」交差点を向こうに行ったところで左折する。 [地図]

側道 神戸西バイパスに沿う。

下って左折 少し下ったところで県道は左折し西神戸バイパスをくぐる。 [地図]

築堤により遮断 バイパスをくぐって本来は直進しているはずだが、築堤により遮られている。 [地図]

バイパスから バイパスから見たところ。

バイパスからの分岐 バイパスから左へ分岐するこの道が県道。

一旦下る 一旦下りバイパス下をくぐる道と交差した後、また向こう側に上って合流している。

バイパス合流 再びバイパスに合流する。

バイパスから再び離れる 合流してすぐに県道は左へ逸れる。 [地図]

ガードレール 途中でガードレールが置いてあり片側に絞られている。

黄色実線 別段、通行禁止というわけではなさそうだ。 中央の黄色実線が今も残る。

車止め この先、伊川を渡る長坂橋の手前で車止めがされている。 車止め手前で「長坂第二橋」(1986年3月竣工)で水路を渡る、ちゃんと橋名が付いていたことにすこし感動を覚えた。

伊川渡河 「長坂橋」(1986年3月竣工)で伊川を渡る。

スロープ 行き止まりを見ての通り、奥のr16との間は段差があり通り抜けようがない。見えるスロープは歩行者用。

県道16号線合流 「新長坂橋」交差点の手前で「兵庫県道16号 明石神戸宝塚線」と合流する。 r487はここを右折ししばらくr16と重複する、左右の道がr16。 [地図]

国道2号線,第二神明北線交差 「新長坂橋」交差点で国道2号線バイパスと第二神明北線と交差する。 左右の道がR2BP、上の高架が第二神明北線。 [地図]

県道487号線重複区間 820m程r487と重複する。

県道487号線分岐 上脇で「兵庫県道16号 明石神戸宝塚線」が分岐する。 r487はここを左折する、r16は直進。 [地図]

2車線が続く 曲がっても道は2車線ある。

狭路への誘い ……という幻想は打ち砕かれ県道はここを左折する。 [地図]

いきなり狭路 これである。とてもじゃないが車が通れそうにはない。

それでも使用されている様 舗装部分は軽自動車の幅もないが、路肩を合わせるとどうやらギリギリ走行できるようで、左手の花農家が使用しているらしくタイヤ跡があった。

山へ ここから山へと向かう。

落ち葉舗装 上り勾配が増す、落ち葉舗装と前日の雨のせいで濡れて滑る。

崖の上 崖の上に橋を渡してある、右手には小さな滝があった。

未舗装部分 部分的に舗装が無くなった。

凸凹舗装 左手に竹林があるお陰で舗装がぼっこんぼっこんだ。

自然の浸食 舗装されているはずだが、この辺は自然に浸食されている。

勾配が増して左カーブへ 左にカーブしつつ更に勾配が増す。

一番の急勾配 ここが一番勾配がきつい、竹林と相まって雰囲気は大変良い。

竹林と雑木林の間 竹林と雑木林の間を上っていく。

雑木林の中 気がつけば左側も雑木林となっていた。

変貌を遂げる 突然ガードレール付きの車一台分はある道に変貌する。

北神戸線交差 吹上橋で阪神高速7号北神戸線を跨ぐ。

井吹トンネル前 北神戸線はちょうど井吹トンネルに入るところ。

まだ上る 阪神高速を跨いだ向こうはもういっちょう上りとなっている。

市道合流 尾根筋の市道と合流する。こうして車止めがしてあり車の進入はできない。もっとも、あの道を車で走れようはずもないが。 [地図]

市道分岐 すぐに市道と別れ県道は右折する。 [地図]

貧弱な道へ ギリギリ車一台分しかない貧弱な道になる。

県道21号線交差 道路にはこうして水溜まり。

家々への道 奥に数件ある家々へのアクセス道、でも一応県道(たぶん)。

谷へ 県道の指定ではこの辺りから左手の谷へ県道は降りている。 [地図]

谷下より 谷下からの眺め。

竹林のことかー!? この辺りも竹林のようだ。

谷底 谷底の平場に出た。

竹竹竹 辺り一面竹竹竹!

道のような 道っぽいモノがあったのだが、右手が水の流れで掘れているので自然とにこうなった、とも考えられる。

阪神高速にぶち当たる 井吹トンネルから出てきた阪神高速にぶち当たる。

阪神高速側道 北神戸線に沿っていく、工事の際に造られた側道なのだろう。

阪神高速をくぐれる道が分岐 高速道をくぐれる道が分岐していた。

北神戸線より離れる 北神戸線から離れる。

車道が…… 右手から水路というか側溝が迫ってくるんだけど、その分道が狭まって……車道(?)部分がほとんど残っていない!?

未舗装に 未舗装に変わる。

残るダブルトラック 二本の轍はハッキリと残っているので定期的に車や農耕機械が入ってきているようだ。

コンクリート舗装 ここでコンクリートだが舗装が復活する。

丘へ 右手の家に行くためだけの道路に接続する、上記コンクリートもどうやらそのガレージまでの舗装のよう。 [地図]

だが一応県道(ルート指定) 使用する者が極限られているであろう道。

永井谷公民館 永井谷会館(公民館?)のところで右折する。 [地図]

虎柵 家と塀に挟まれ結構な狭さと圧迫感。右手の家の角には塀を車の衝突から護るためだろう、虎模様の入った防護柵が立てられていた。

道幅減少1.8M そして、そこには「この先道幅減少1.8M」の文字が。今目の前に見えているその部分なのだろうか?

永井谷川渡河 「小池口橋」(1978年2月竣工)で永井谷川を渡る。

橋を渡って 橋を渡ってすぐ右に曲がりそしてまた左に曲がるが、これがまた狭い。

とても狭い その先がこれまた狭い。車道の左側コンクリート部分(歩道?)を入れても十分すぎるほど狭い。

交差点を過ぎたら そしてこの交差点を過ぎると……

圧迫感 これまたとんでもなく狭い、家の壁と塀のおかげで圧迫感も凄い。 3ナンバー車でもギリギリ通り抜けることはできる。

狭路を経て左折へ 極狭路を過ぎて広くなったところで左折する。 [地図]

道標 角に「左 如意寺」の道標が。如意寺とはここから西神南ニュータウンを越えて向こうにある寺のことだろう。なるほど、昔は山道で繋がっていたのかもしれない。

再び左折する ここをもう一度左折する。 [地図]

行き止まりのようで 行き止まりのよう見えるが。

伊川谷町井吹端点 行き止まりである。県道のルート指定自体はここから斜面を直登して西神ニュータウンの家々の中を突っ切って向こう側まで行っているが、道は存在しない。 以前訪れた際はこの前は藪に覆われていたが、木や竹も含め伐採されていた。 [地図]

カーブの向こうを右折 階段と坂がいくつかの九十九折りを経て西神南ニュータウンまで上っている。