目次道路県道とその他一般道兵庫県道15号 神戸三田線

兵庫県道15号 神戸三田線

国道428号線/県道21号線分岐・兵庫県神戸市中央区中町通「有馬道」交差点 起点 @レポート:有馬道→三輪
「有馬道」交差点で国道28号線(兵庫県道21号 神戸明石線重複)から分岐し三田に至る主要地方道。 r15はここを右折し国道428号線と重複する、直進と手前がR28とr21。 通称「有馬街道」だが、宝塚にある旧街道とは別もの。 [地図]

駐車車両多し 上下線共に左車線は駐車車両が多い。

山手幹線交差 「楠町6丁目」交差点で山手幹線と交差する。 [地図]

神戸大学病院前 神戸大学病院の前を通る、時間帯によってはこの辺りから渋滞が始まる。

神戸家庭裁判所 神戸家庭裁判所前を通る、この辺りから右車線によっておくと良い。

「平野」交差点 この「平野」交差点を過ぎると市街地から離れ一路北区へ。南行きはこの交差点を先頭によく渋滞する。 上下線共に左車線は左折専用、右折は禁止。なお、南行きでは、左レーンも直進できる。 [地図]

改良 改良されて綺麗に広くなった。

旧道分岐 祇園神社前で旧道が分かれる。現道は「祇園橋」で天王谷川を渡る。

険路 現道は天王谷川を渡って右岸を行く。山を削った谷筋の険路を行く。

服部隧道服部隧道」を通る。

山麓バイパス交差 山麓バイパスと交差する。天王谷ICは南行きから三宮方面にのみ乗れる、また降りるのはバイパスひよどり台方面から北行きにのみ。

旧道交差 山麓バイパスとの交差後、「新平野橋」で天王谷川を渡りつつ旧道と交差し左右岸が入れ替わる。

すり抜け注意 少し幅が広くなっているカーブ、ここでよく横をバイクがすり抜けていくので注意。

三度天王谷川渡河 「金清橋」で天王谷川を渡る。渡ってすぐのところで旧道が合流する。

区境 ここで北区に入る。

急カーブ 道中で一番きついと思われるカーブ。

天王吊橋 吊り橋が見えてきた、六甲山縦走路にある「天王吊橋」だ。

旧道分岐地点 この辺りから旧道が分かれていたが、ダム工事でその姿は留めていない。

小部トンネル ダムによって道は付け替えられ、横を「小部トンネル」で抜ける。

水呑交差点 「水呑」交差点で「兵庫県道52号 小部明石線」が分岐する。 r15はここを直進する、r52は左折。 [地図]

洞川渡河 「滝の口橋」で洞川を渡る。現道が築堤となっているが旧々道はこの辺りで同じく川を渡っていた。

旧道跡 旧道がこの辺りで左岸から右岸へ渡ってきていた。

「鈴蘭台東口」交差点 「鈴蘭台東口」交差点を左折すると、神戸電鉄「鈴蘭台」に至る。後述のr197を行くより早い。

餃子の王将 鈴蘭台店 兵庫県一美味しい(著者調べ)「餃子の王将 鈴蘭台店」横を行く。

県道197号線分岐・「二軒茶屋」交差点兵庫県道197号 鈴蘭台停車場線」が分岐する。 r15はここを直進する、r197は左折。 [地図]

登坂車線 「二軒茶屋」交差点を過ぎると登坂車線があるが、右車線がこの先右折レーンとなるので、左車線にいる方が賢明だ。

すずらんの湯 途中、掘削温泉の「有馬街道温泉 すずらんの湯」がある。

車線 ここで一旦車線が減少する。

県道16号線合流・「小部峠」交差点 「小部峠」交差点で「兵庫県道16号 明石神戸宝塚線」が合流する。 r15はここを直進する、r16は直進と右折。右折すると六甲山へ。 [地図]

県道16号線重複区間 200mほどr16と重複する。

県道16号線分岐・「北鈴入口」交差点 「北鈴入口」交差点で「兵庫県道16号 明石神戸宝塚線」が分岐する。 r15はここを直進する、r16は左折。 [地図]

下り 小部峠を越えて、箕谷まで3kmほど下っていく。

旧道分岐 下りが落ち着いた辺りで旧道が左に分かれている。

箕谷隧道 箕谷川に沿って行く旧道に対し、現道は「箕谷隧道」でバイパス化されている。

「梅木谷」交差点 「梅木谷」交差点で市道長田箕谷線と合流する。県道はここを右折する、左レーンからも右折できる。 [地図]

4車線 市道合流後しばらくの間は片側2車線となっている。

右車線が直進 この先左車線は左折専用(国道428号線及び新神戸トンネル方面)となっているため、直進する(県道)には右車線へ。

国道428号線分岐・「皆森」交差点 「皆森」交差点で国道428号線が分岐する、この先県道15号線単独区間となる。 r15はここを直進する、R428および新神戸トンネルは左折。 [地図]

続く4車線 交差点を越えた向こうも引き続き片側2車線あるが、左車線はこの先箕谷ICへの左折専用となる。

箕谷IC 「箕谷ランプ前」交差点、阪神高速7号北神戸線へはここを左折し箕谷ICへ、県道は直進。

県道73号線分岐・「北勝」交差点 「北勝」交差点で「兵庫県道73号 山田三田線」が分岐する。 r15はここを直進、r73は左折。 [地図]

神戸電鉄「谷上」駅前 神戸電鉄「谷上」駅前、右折すると駅前ロータリーへ。

神戸電鉄をくぐる 神戸電鉄をくぐる。

旧道分岐 旧道が分岐する。

上り 山側にできた広いバイパス。

旧道合流 神戸電鉄「花山」を越えた辺りで旧道が合流する。

再び神戸電鉄をくぐる 再び神戸電鉄をくぐる。

峠の上り 古々山峠に向けて上っていく。

幅員減少 「大池駅前」交差点から道幅が狭くなる。

古々山峠 古々山峠。

県道95号線交差 「唐櫃大橋」交差点で「兵庫県道95号 灘三田線(六甲有料道路、六甲北有料道路)」と交差する。 r15はここを直進する、左折すると六甲北有料道路を三田方面へ、右折すると六甲有料道路を東灘方面へ。 [地図]

鹿之子温泉 からとの湯 有野川と県道のわずかな空間に「鹿之子温泉 からとの湯」がある

山河に挟まれ 川と山に挟まれた道を行く、道幅は狭く歩道などもない。

県道51号線分岐・「有馬口」交差点 「有馬口」交差点で「兵庫県道51号 宝塚唐櫃線」が分岐する。 r15はここを直進する、r51は右折。 [地図]

阪神高速北神戸線 有野川に沿って進む、上に見える高架橋は阪神高速7号北神戸線の北延伸線。

五社IC 右折すると五社ICへ、ただし伊川谷方面にしか行けない。 [地図]

下る 五社で「兵庫県道196号 五社停車場線」が分岐する。 r15はここを直進する、r196は右折。 [地図]

県道506号線合流・「五社」交差点 「五社」交差点で「兵庫県道506号 市野瀬有馬線」が合流する。 r15はここを直進する、r506は直進と左折。 [地図]

r506重複区間 270m程r506と重複する、r15を行くには右車線によっておく。

県道506号線分岐・「五社北」交差点 「五社北」交差点で「兵庫県道506号 市野瀬有馬線」が分岐する。 r15はここを直進する、r506は右折。 [地図]

三度神鉄をくぐる 三度神戸電鉄をくぐる。

県道195号線分岐・「岡場」交差点 「岡場」交差点で「兵庫県道195号 岡場停車場線」が分岐する、といってもどうやらこちらは指定されていないようだ。 r15はここを直進する、r195は左折。 [地図]

北区の北の中心地岡場 北区の北の中心地岡場、県道沿いに様々な店が建ち並ぶ。 こちらが実際に「兵庫県道195号 岡場停車場線」に指定されていると思われる分岐点。 [地図]

県道82号線交差・「有野インター」交差点 「有野インター」交差点で「兵庫県道82号 大沢西宮線」が交差する。 r15はここを直進する、左右の道がr82。 [地図]

幅員減少 「有野インター」交差点を過ぎると道幅が狭まる。

中国縦貫自動車道 中国縦貫自動車道をくぐる。

r15ヘキサ 「兵庫県道15号 神戸三田線」県道標識。

県道38号線分岐・「日下部西」交差点 「日下部西」交差点で「兵庫県道38号 三木三田線」が合流する。 r15はここを直進し終点までr38と重複する、r38は左折と直進。 [地図]

国道176号線合流・「日下部」交差点 「日下部」交差点で国道176号線に合流する。 r15はここを左折し終点までR176と重複する、左右の道がR176、r38も左折。 [地図]

R176重複区間 終点まで国道176号線と重複する。

道場旧道分岐 「道場南」交差点で旧道が分岐する。 指定では旧道を行くようだが、ここはそのまま直進とする。 [地図]

県道327号線分岐・「道場東」交差点 「道場東」交差点で「兵庫県道327号 切畑道場線」が分岐する。 r15はここを直進する、R176は直進、r38は直進、r327は右折。 [地図]

道場旧道合流 「塩田」交差点で旧道が合流する。 [地図]

県道357号線分岐・「宅原」交差点 「宅原」交差点で「兵庫県道357号 定塚四軒茶屋線」が分岐する。 r15はここを直進する、R176は直進、r38は直進、r357は左折。 [地図]

市境 「宅原」交差点から少し行ったところで三田市に入る。

県道17号線分岐・「八景中学校前」交差点 「八景中学校前」交差点で「兵庫県道17号 西脇三田線」が分岐する。 r15はここを直進、R176は直進、r17は左折、r38は直進。左車線にいるとそのままr17方面へ行ってしまう、R176,r15は右車線へ。 [地図]

R176おにぎり 国道176号線標識が立つ。

武庫川渡河 「広瀬橋」で武庫川を渡る。

跨線 JR福知山線を跨ぐ。

左カーブ JRを越えたところで左にカーブする。

国道176号線重複終了・兵庫県三田市三輪1丁目「三輪」交差点 終点 「三輪」交差点でr15は終わりを告げる、「兵庫県道37号 三田後川上線」が分岐する。 R176は直進、r37は右折。 [地図]