目次道路県道とその他一般道兵庫県道336号 東富松御願塚線

兵庫県道336号 東富松御願塚線

兵庫県尼崎市富松町 起点 @レポート:富松町→南町4
多くの県道は、国道や別の県道に端を発するか、特定の施設(駅や港、公園や寺社など)が起点となり、また終点もそのようになっていることが多い。 しかし、この県道、町中の何でもない市道から突然始まっている。 r336はここを左折する。 [地図]

住宅街 曲がったら、そこはただの住宅街。

町中の田畑 尼崎は面白いことに町中にぽつぽつと田畑が残る。

富松神社参道 なにやら舗装が変わった、この先に富松神社があるのだが、その参道ということだろうか。

県道606号線交差 「富松町3丁目」交差点で「兵庫県道606号 西宮豊中線」と交差する。 r336はここを直進する、左右の道がr606。 [地図]

2車線に 相変わらずの住宅街を走るが、道は2車線になった。

右カーブ 右にカーブする。

尼崎市立富松幼稚園 幼稚園の前で中央線が無くなり道が少し狭くなる。

市道交差 市道と交差する、ここから先が当県道の真骨頂であり、運転に自信がなければ進入しない方がよい。 県道はここを直進する。 [地図]

直角に曲がる 直進は駐車場、県道は直角に曲がる。

幅員減少 曲がった途端いきなりこの狭さ、そして左手には町中に不釣り合いな田圃。

路地 路地を行く。歩行者や自転車の飛び出しに細心の注意を払おう。

最狭部 そして、ここがこの県道の最狭部。明らかに狭くなっていっているのが解るだろう、車一台ギリギリだった。

圧迫感のある隘路 その先も家々の塀に囲まれ圧迫感のある隘路を行く。

これでも県道 中学校グランドの裏手を行く、これでも車道、これでも県道、もちろん離合など夢のまた夢である。

狭い路地 両脇の白い部分は溝である、つまり車道部分は真ん中の狭いアスファルト部分、とはいえ溝部分を入れたとて狭いことには変わりはない。

伊丹市境 この辺りで伊丹市に入る。

幅員拡張 離合できるほどにまで道幅が広がった。

市道合流 南野で西から来た市道に合流する。 r336はここを右折する。 [地図]

追い禁の2車線 黄色実線の2車線になった。

県道142号線交差 「安堂寺」交差点で「兵庫県道142号 米谷昆陽尼崎線」と交差する。 r336はここを直進する、左右の道がr142。 [地図]

県道332号線交差 続いて「稲野7丁目北」交差点で「兵庫県道332号 山本伊丹線」と交差する。 r336はここを直進する、左右の道がr332。 [地図]

伊丹市営バス 今や県下では貴重となってしまった市営バスの一つ伊丹市営の路線バスに出会う。

阪急電鉄伊丹線交差 阪急伊丹線を渡る。

右折レーン 右折レーンが設けてあるのは嬉しい。

県道13,41号線合流・兵庫県伊丹市南町「南町4」交差点 終点 「南町4」交差点で「兵庫県道13号 尼崎池田線」と「兵庫県道41号 大阪伊丹線」にぶつかってr336は終わりを告げる。 左右の道がr13、r41は直進。 [地図]