兵庫県道384号 平荘大久保線

国道2号線分岐・兵庫県明石市大久保町大窪「大久保」交差点 終点 @レポート:大久保→里下新田(逆順)
「大久保」交差点で国道2号線から分岐する。 r384はここを直進する、左右の道がR2。ただし、「大久保」交差点から「大窪北」交差点までは過去のものであり現在は県道指定されていない。 [地図]

南向き一方通行 直進、と書いたが1枚目見たらわかるようにこの区間は南向きの一方通行なのだ。(写真は北向きに徒歩で撮影)

一方通行終わり この地点から相互通行となっている。 [地図]

直線の道 ここから4枚下の「大窪八幡宮」前で折れるまでまっすぐの道が続いている。

信号 間には何基か信号がある。

狭路 このあたりが一番狭かった、生活道路なので歩行者や自転車に注意。

大窪八幡宮前 正面が「大窪八幡宮」この道は参詣道だったのだろうか? 神社前でくの字に折れる。

2車線に くの字に折れた後は2車線になった。

中央線消失 と思ったらすぐに中央線は消えてしまった。

県道148号線合流兵庫県道148号 大久保稲美加古川線」が合流する。 r384はここを右折する、左右の道がr148。写真からわかるように、かつては斜めに真っ直ぐ進んでいた。 [地図]

県道148号線分岐・兵庫県明石市大久保町大窪「大窪北」交差点 現在の終点 右折してすぐに「大窪北」交差点で「兵庫県道148号 大久保稲美加古川線」が分岐する。 r384はここを左折する、r148は手前と直進。現在のr384終点はこの交差点となっている。 [地図]

黄色実線に 黄色実線の道になったが……。

はみ出し禁止でこの狭さ この狭さで中央線引いて、しかも黄色実線なんてあんまりではないか?

家の前が県道 歩道もなくそのまんま家の前が県道、歩行者には注意されたい。

山手台口交差点 「山手台口」交差点、右折すると再びr148に出られる。写真撮影時は右折しかなかったが今は左にも少し道が伸びている。 [地図]

片渕池畔岐 「片渕池」の池畔を行く。

大久保町高丘 大久保町高丘の住宅街を行く。

山手台への道 左折すると大久保町山手台に向かう。

いなみ野台地南端 道は少し上っている。ここら辺りはいなみ野台地南端で,以降同じくらいの標高を走る。

左折 県道はここを左折する。 [地図]

右急カーブ 曲がってすぐに右急カーブが待っている。

神戸市境 この交差点で神戸市西区に入る、右手の家はまだ明石市だ。県道はここを直進する、右折すると再びr148方面へ、第二神明の大久保ICに向かう。 [地図]

青看板裏のヘキサ 向かいの青看板裏にヘキサが乗っかってた。

大沢や竜が岡の街 大沢や竜が岡の住宅街を行く。

県道379号線交差 「北場」交差点で「兵庫県道379号 岩岡魚住線」と交差する。 r384はここを直進する、右奥からやってくる道と左折がr379。左手には 「十三号上池」がある。 [地図]

一方通行 「北場」交差点からその次のこの信号までの間は何故か西行きの一方通行となっている。

歩道がない この間は歩道がない。

R2とr148への道 県道はここを直進する、左折するとR2へ、右折すると再びr148方面の第二神明大久保ICへ向かう。

第二神明道路交差 第二神明をくぐる。

印籠川渡河 第二神明をくぐってすぐに「印籠橋」で印籠川を渡る。

国道175号線? 青看板によると右は「国道175号線」となっている、ちょっと苦しい気もするがいけないこともないか、地名は平野になっているし。

「福吉」交差点 「福吉」交差点。県道はここを直進する、右折するとR175に向かえる。 [地図]

少し下る 次の川を渡るのにまた少し下っていく。

清水川渡河 「前山橋」で清水川を渡る。

広がる田園 このあたりは田園が広がっている

大黒池畔 「大黒池」を避けるようにまわっていく、右手の築堤向こうが池。

国道175号線へ 今度の青看板も右は「国道175号線」に行き先が示されている、こちらはまっすぐまっすぐ行けばたどりつくのでわかりやすい、地名は神出となっている。

「秋田」交差点 「秋田」交差点。県道はここを直進する、右折するとR175に向かえる。 [地図]

瀬戸川渡河道 「庄大夫橋」で瀬戸川を渡る 。

キジ肉の看板 「キジ肉」が気になる……

幅員減少 歩道がぷつっと切れて道も狭くなっている。

稲美町境 「稲美町」に入る。

日の出工業団地入り口 右折すると日の出工業団地がある。

県道514号線交差 「岡」交差点で「兵庫県道514号 志染土山線」と交差する。 r384はここを直進する、左右の道がr514。 [地図]

交差点改良済み 今では「岡」交差点は改良されて広くなっている。

喜瀬川渡河 「新橋」で喜瀬川を渡る。渡ってすぐのところを右折する車が多いので注意。

r384ヘキサ 「兵庫県道384号 平荘大久保線」県道標識。

左カーブ 左にカーブしていく。

直線 ここからの直線が気持ちがいい。

速度の出しすぎに注意 ただし、間には集落もあるので速度の出しすぎには注意。もちろん、なくても速度を出しすぎてはいけない。

岡ストレート 岡ストレート。

にじいろふぁ〜みん前 天満大池の前で右にカーブする。今はこのカーブ地点右手に「にじいろふぁ〜みん」というJAの直売所ができており、出入りする車があるので注意。

天満大池渡池 「稲美大橋」で天満大池を渡る。「天満大池」は築造1300年を超える歴史を持ち、日本一ため池の多い兵庫県の中でも有数の数を誇るいなみ野台地の稲美町にあって、県下一古く「加古大池」に次いで二番目に大きいため池だ。

県道84号線交差 「天満大池」交差点で「兵庫県道84号 宗佐土山線」と交差する。 r384はここを直進する、左右の道がr84。 [地図]

再び直線道路 ここからも気持ちの良い直線が続く。

集落を外れて こちらは集落から外れている。もちろん、だからといって速度を出してはいけない。

稲美ストレート こちらは稲美ストレートと名付けよう、電柱がなければもっといいのに。

両側に歩道現る いつしか両側に歩道が現れた。

県道381号線合流 「森安」交差点で「兵庫県道381号 野谷平岡線」が合流する。 r384はここを直進し少しの間r381重複する、r381は直進と右折。右折すると稲美町の中心地へ。 [地図]

県道381号線重複区間 250m足らずr381と重複する。

県道381号線分岐 「中村」交差点で「兵庫県道381号 野谷平岡線」が分岐する。 r384はここを直進する、r381は左折。r381はかつてこの右から来ていたものと推測される。 [地図]

なお続く直線 直線はなお続く……ホント電柱が惜しい。

市道交差 太めの市道と交わる。 県道はここを直進する、左折すると東加古川に向かう。 [地図]

緩いカーブ ここにきてようやく緩いカーブが現れた。

まだ少し直線がある その後も少し直線がある。

右カーブ 中一色でr148と交差するのに右カーブを描いている。

歩道もある 「中一色」交差点で「兵庫県道148号 大久保稲美加古川線」と交差する。 r384はここを直進する、左右の道がr148。ちなみに、ここまで来るのにr148使うよりr384の方が断然早い。 [地図]

曇川渡河 加古川市に入ってすぐに「新福留橋」で曇川を渡る。

県道18号線(東播磨南北道路)交差 神野町福留で「兵庫県道18号 加古川小野線(東播磨南北道路)」と交差する。 r384はここを直進する、高架がr18BP(東播磨南北道路)。 [地図]

旧道分岐 神野町福留で旧道が分岐する。 現道はここを直進する、旧道は右折。 [地図]

田んぼの緑 この時期は田んぼの緑がまぶしい。

県道383号線交差 「石守北」交差点で「兵庫県道383号 八幡別府線」と交差する。 r384はここを直進する、左右の道がr378。 [地図]

曇川再度渡河 「大空橋」で再度曇川を渡る。

バイパスは田畑の中 バイパスは田畑の中を走っている。

右にカーブしていく 右にカーブしていく

電柱のない道 電柱がないといい。

曇川三度渡河 「青空橋」で三度曇川を渡る。

神野西集落端 神野西集落の端を行く。

旧道合流 集落を抜けてきた旧道が合流する。 [地図]

五ヶ井水路渡水路 「二塚橋」で五ヶ井水路を渡る

幅員拡張済み バイパス化されなかったところも道は広げられたようだ。

新神野への道 新神野の街へ向かう市道と交差する。

加古川の堤防へ 加古川の堤防へ駆け上がる。

県道18号線交差 「池尻橋東詰」交差点で「兵庫県道18号 加古川小野線」と交差する。 r384はここを直進する、左右の道がr18。 [地図]

歩道幅員現象 歩道が急に絞られているのは何故なんだ。

加古川渡河 「池尻橋」で加古川を渡る。

西詰で急カーブに注意 「池尻橋西詰」交差点で急カーブを描いている。

堤防より下る 堤防から下っていく。

県道79号線合流・兵庫県加古川市平荘町里「里下新田」交差点 起点 「里下新田」交差点で「兵庫県道79号 高砂加古川加西線」にぶつかってr384は終わりを告げる。 左右の道がr79。 [地図]


旧道

旧道も2車線 旧道に入っても2車線ある。

新池畔 「新池」池畔を行く、幅員減少の注意標識が出ていた。

加古川医療センターへの道 加古川医療センターや東播磨南北道路の県立加古川医療センターランプに向かう市道と交差する。

幅員減少 幅員減少の標識とともに道は絞られる。

狭路 ずいぶんと狭くなってしまった。右手に大歳神社と愛宕神社がある。

神野小学校裏 小学校の裏を通る、登下校時間は走行注意。

児童注意 校門がある、児童に注意が必要だ。

県道383号線合流 神野町神野で「兵庫県道383号 八幡別府線」が合流する。 r384旧道はここを右折しわずかにr383と重複する、左右の道がr383。 [地図]

県道383号線重複区間 80mほどr383と重複する。

歩行者注意 「神野」交差点で「兵庫県道383号 八幡別府線」が分岐する。 r384旧道はここを左折する、r383は直進。 [地図]

すぐを右折 東神野の集落に入ってすぐを右折する。 [地図]

狭いが見通しの良い道 道は狭いが見通しよく離合できないこともない。

曇川河畔 曇川沿いを走る。

曇川から離れて 曇川より離れる。

神野集落 神野の集落を行く。

集落内は狭い 集落内は狭い。

現道合流 現道に合流する。 [地図]