目次道路県道とその他一般道兵庫県道/岡山県道385号 高田上郡線

兵庫県道/岡山県道385号 高田上郡線(止)

県道90号分岐・上郡町八保甲 終点 @レポート:八保甲→才ヶ峠(逆順)
ぼんやりと走っていると自動的にr385へ入っているという県道マジック。 「兵庫県道90号 赤穂佐伯線」は、写真の交差点を右に曲がる、 だってr90の方に点線が引いてあり、どう見ても本線がr385に見える。 通り抜けられない県道としては兵庫県最西端となる。 [地図]

r385ヘキサ 「兵庫県道385号 高田上郡線」県道標識。元はこちらが本線であったところに 安室ダムを建設するにあたり、別に道路を付け替えr90に指定されたのだろう。

川沿い 暫くは安室川沿いに道を進める。田園を突っ切る非常に綺麗な車通りの少ない2車線の道だ

才ヶ峠 山を越えて岡山県へ出るが、才ヶ峠はきっと写真中央の鞍部だろう

県道分岐 このまま永遠に続くかに思えた県道も、実はここで途切れるのである。 直進は「町道 延野皆坂線」となって、ダムサイトを経て県道90号に合流する。 道としては、県道は僅かに見えている交差点を左折なのだ。

ダートさんこんにちは 椎茸山だから入るな、とか書いてあるが、怪しいもんじゃないので気にしない。 民家横を過ぎるとすぐにダートとなる。

洗掘の酷き道 暫くはフラットなダートなのだが、次第に洗掘の酷い道となる。 そんなに深くはないのだが、はまってしまう可能性もあるので慎重に。

路肩決壊と倒木 路肩が崩れ、小さいながらも倒木があったため、ここでバイクは断念し徒歩にて探索する。

小さな広場は小土石流の跡 10m程先に行くと小さい広場へ出る。ここで道らしきものが二手へ別れているのだが、 正直どちらも、道とは断定しかねるのだが、左側はどう見ても沢だという判断を下し 右側を少し覗いてみる。こちらも沢の様な洗掘だが、やや平らな道らしき筋が認められる。

おそらくこっちが峠道 暫く奥へ行くと、沢筋と明らかに違う道が左方向に現れる、間違いないこっちだ。 しかし、この倒木の数々に、峠にすらたどり着けないと判断する。