兵庫県道86号 多可柏原線

多可町中心部から旧山南町の谷川を経て丹波市の柏原に至る主要地方道。 県道77号線と重複している谷川の町中で少し中央線のない狭い区間がある以外は、2車線の交通量もさほど多くない総じて走りやすい道だ。
沿線には北播磨余暇村公園や薬草薬樹公園(お風呂もある)、円応教の本部などがある。また、小野尻峠下の小野尻トンネルには旧隧道の小野尻隧道が、奥野々坂下の奥野々トンネルには旧道があり、そちらの方面が好きな人にも大変楽しめる道だろう。 なお、この県道のみを使って柏原まで行くのは時間の無駄となる。

国道427号線分岐・兵庫県多可町中区茂利 起点 @レポート:茂利→下小倉
多可町茂利で国道427号線から分岐し丹波市柏原町の国道176号線に至る主要地方道。全線を通して柏原まで行くような人はまずいないだろう。 [地図]

中央に安全地帯のある道 真ん中に安全地帯のとられた広い道。

県道139号線分岐 「あかね坂公園前」交差点で「兵庫県道139号 山南多可線」が分岐する。 r86はここを左折する、r136は右折。国道175号線に出るのであればr139を行く方が早い [地図]

中村町駅跡 正面は国鉄鍛冶屋線の中村町駅跡のようだ。

服部織布 右手にのこぎり屋根、播州織の織物工場だ。ちなみにこの道は国鉄鍛冶屋線跡。

別線合流 正面に鍛冶屋線が続きサイクリングロードして整備されている、県道はここを右折する、また左から別線が合流してくる。 [地図]


別線

国道427号線,県道295号線分岐 「奥中」交差点で国道427号線と「兵庫県道295号 八千代中線」から別線が分かれている。 r86はここを直進する、左右の道がR427、手前がr295。 [地図]

県道標識 しっかりと県道標識がある。

本線合流 本線に合流する。

南に戻るようにカーブ 南に戻るようにカーブしていく。

「中村町」交差点 「中村町」交差点で県道は左折する、右折は町道糀屋中村町中央線。 [地図]

r86ヘキサ 「兵庫県道86号 多可柏原線」県道標識。

中央線消失 中央線がなくなってしまった。

杉原川渡河 「渡瀬橋」で杉原川を渡る。

追越禁止区間 橋を渡った向こうで中央線が黄色実線で復活。

道に迫る民家 岸上地区を行く、民家が道に迫っており人の飛び出し等に注意。

町道中町北線交差 「岸上」交差点で町道中町北線と交差する、県道は直進。左折するとR427に出られる。

速度注意 真っ直ぐな道が続いているが民家も多くあり速度に注意。

歩道のある2車線 水路を渡っている。

わざわざ左折する 何故かここで県道はわざわざ左折する、直進は町道鍛冶屋2号線、右折は町道鍛冶屋停車場線。 現在はこの交差点信号機付きとなっている。この先国道175号線方面へ出るのに県道をたどる必要がなければ直進すればいい。 [地図]

かつての駅前通り かつての駅前通り。

鍛冶屋線資料館 正面に見える建物は国鉄鍛冶屋線の鍛冶屋駅舎を利用した鍛冶屋線資料館、資料館というほど何もなかったような?

鍛冶屋ロータリー 資料館を中心としてロータリーとなっている。

自転車歩行者専用道路 中村町から伸びてきた自歩道はここで終わっている。 写真中央に掲げられている標識には「(主)中柏原線(※)自転車歩行者専用道路 兵庫県」とあることから、兵庫県が整備管理していると思われる。
※現在の「(主)多可柏原線」、つまり今紹介しているこの県道

キハ30系 キハ30系の静態保存と車両1両分のホームが残されている。

邪魔な街灯 あの街灯が邪魔で仕方がない……

北に向かう2車線 ロータリーから抜け出て北に向かう2車線。

右折する わざわざかつての駅前に寄った県道はここで右折する、左折するとR427に出られる。正面の古本屋は今も元気に営業している。 [地図]

曲がった先は追越禁止区間 曲がった先は再び追越禁止区間。

町道鍛冶屋2号線合流 10枚前の写真で直進した道(町道鍛冶屋2号線合流)が合流してくる、県道は左折する。 [地図]

見返橋 「見返橋」で水路を渡る。

野口橋 続いて「野口橋」で水路を渡る。右手の水路合流から先なのかそれともこの水路がそうなのか、右手の先思出川にそそぐ間は「東川」という名がついている川だ。

集落道分岐 集落道(町道牧野1号線)が左に分かれていく、県道は直進。

牧野小橋 「牧野小橋」で水路を渡る。こうして水路を渡る橋にも立派に名前がついているのがいい。

町道中村東線交差 「牧野」交差点で町道中村町東線という太めの町道と交差する、県道は直進。 [地図]

牧の集落をパス 集落をパスしているため民家はまばら、でもないか。

少し右にカーブする まっすぐ行かずここで少し右にカーブしている。

小野尻旧道分岐 すぐに左カーブすることころで小野尻トンネルの旧道(町道牧野3号線)が右に分岐している、県道は直進。 [地図]

白線に 町道多可高校線の分岐から白線に変わっている。

杉林の中 こんもり杉林が残っている中を割って走る。

町道牧野4号線分岐 右に町道牧野4号線が分かれている、旧道ではないが小野尻峠に向かっていたもう一本の道、県道は直進。

右カーブから山へ 右にカーブしここから山へ向かっていく。

思出川渡河 「嫁入橋」(よめいり)で思出川を渡る。その向こうが目に見えて勾配を増している。

巻くように上る 旧道に比べ大きく巻くように上っていく。

それなりに坂はきつい それでも割と坂はきつい。

牧野峠の茶屋公園 右手にトンネル前広場、その向こうに旧道がある。 「牧野峠の茶屋公園」という名がついているが茶屋などはない。

小野尻トンネル小野尻トンネル」で小野尻峠下を穿っている

丹波市へ トンネルを出たところで丹波市に入る、といっても実際はトンネルの中で入っているのだが。 旧道が交差する。

すぐに下りへ すぐに下りに入る。

林の中を下る 林の中をずんどこ下る。

小野尻集落 小野尻の集落が見えてきた。

旧道は左手の山の中 旧道はこの左手の山の中を走っている。

旧道合流 ここでようやく旧道が合流する。 [地図]

もうしばらく林の中 もうしばらく林の中を走る。

またもや追越禁止区間 小野尻集落からの集落道が合流してきたところで再び追越禁止区間となる。

小野尻川の谷底平野 小野尻川によってできた谷底平野、思いの外開けている。

県道293号線分岐 「冨田」交差点で「兵庫県道293号 門村山南線」が分岐する。 r86はここを直進する、r239は左折。 [地図]

川を渡るために少し上る r293の旧道分岐。川を渡るために少し上っている。

牧山川渡河 「富田橋」で牧山川を渡る。

白破線に 「富田」交差点を過ぎてから白破線に変わっている。

学童注意 「和田小学校西」交差点、左折すると和田地区へ、県道は直進、どちらに行っても行先は同じ。 交差点名にある通りすぐ近くに小学校があり、写真のように登下校時には児童がたくさんいるので注意。 [地図]

再び追越禁止区間へ 「和田小学校西」交差点を過ぎると再び追越禁止区間となる。

緩やかに左カーブ 緩やかに左にカーブする。

竹林と並木 竹林と並木の間を行く。

和田地区をパス 和田の町をパスしている。

牧山川沿い 牧山川沿いを行く。

堤防上 牧山川の堤防上を行く。

県道109号線分岐 「和田大橋」交差点で「兵庫県道109号 福知山山南線」が分岐する。 r86はここを右折する、r109は直進。また7枚前の交差点を左折するとここに左から出てくる。 この先丹波に出るのに県道をたどる必要がなければ直進した方が早くR175に出られる。 [地図]

再度牧山川渡河 曲がってすぐに「和田大橋」で再度牧山川を渡る。

少し急なカーブ 橋を渡ってすぐに少し急なカーブが待っている。

またまた白破線 「和田大橋」交差点からはまたまた白破線となっている。

川を渡るために上る 加古川を渡るために上る。

加古川渡河 「船戸橋」(全長:121m)で加古川を渡る。

続く真っ直ぐな道 しばらく真っ直ぐな道が続く。

国道175号線に早く出られる道 左折すると国道175号線に早く出られる、まぁ早く出られたらどうなのかという話ではあるが。

井原地区 井原地区に入っていく。

下滝地区 お店なども見られるようになってきた。

国道175号線合流 「井原」交差点で国道175号線が合流する。 r86はここを右折しわずかな間R175と重複する、左右の道がR175、直進は旧道。 [地図]

山南小川郵便局 「山南小川郵便局」前を行く。

国道175号線重複区間 300m足らず国道175号線と重複する。

国道175号線分岐・県道77号線合流 「井原南」交差点で国道175号線が分岐し、ここを起点(終点)としてしばらく「兵庫県道77号 篠山山南線」が重複する。 r86はここを左折ししばらくr77と重複する、R175は直進、r77左折。 [地図]

岩屋谷川渡河 曲がってすぐに「であい橋」で岩屋谷川を渡る、橋名にある“であい”の通り、この右手すぐで加古川に注いでいる。

川代恐竜街道 「川代恐竜街道」という愛称がついている、この“恐竜”とは川代渓谷で発見された化石「タンバリュウ」にちなむ。

r77ヘキサ 「兵庫県道77号 篠山山南線」県道標識。

バイパス 田畑の中を行く。この道はバイパスで旧道はこの左手北側にある。

旧道合流 旧道が合流する、正面に見えている建物は円応教の本部。

円応教横 円応教横を行く。右手には参拝客用の大きな駐車場があり、結ぶ形で歩道橋が架かっている。

山際 山の際を行く。

右急カーブ この先で橋を渡る、右急カーブに注意。カーブの地点を左折すると「谷川駅」に至る、この先柏原方面へ行くのに県道をたどる必要がなければおそらくそちらの方が早い。

篠山川渡河 「山崎橋」(全長:109m)で篠山川を渡る。

白破線 山崎橋から白破線に変わっている、右手に大きな製紙工場があり大型トラックも走っているので注意。

JR加古川線交差 「久下村踏切」でJR加古川線を渡る。

久下村駅への道分岐 踏切を渡ってすぐを右に行くと「久下村駅」へ、県道は直進。

谷川地区 踏切を越えると道幅が狭くなる、谷川の町に入る。

県道139号線分岐・「谷川」交差点 「谷川」交差点で「兵庫県道139号 山南多可線」が分岐する。 r86はここを左折する、r77も左折、r139は右折。 [地図]

追い禁に 曲がると道は再び追い越し禁止となる。

山田川渡河 「新谷川橋」で山田川を渡る。“新”というからにはどこかに旧があるに違いない、そう右手上流に「谷川橋」が架かっている。

急カーブ注意 川を渡ってすぐに割と急なカーブがあるので注意。

歩道のある2車線 歩道のある2車線。

山南郵便局前 山南郵便局の前を行く。

旧道分岐 「久下小学校北」交差点で旧道が分岐する。 [地図]

道路情報版 険道によく見る「道路情報」板が、「通行注意」となっていた。ただしこれは県道77号線のもの。

県道77号線分岐 久下大橋の南詰で「兵庫県道77号 篠山山南線」が分岐する。 r86はここを左折する、r77は直進。 [地図]

再度篠山川渡河 曲がってすぐに「久下大橋」で再度篠山川を渡る。

谷川バイパス 橋を含めた330mの区間が「谷川バイパス」として2013年9月1日に供用開始した。

旧道合流 旧道が左から合流する。県道は直進、右折すると「谷川駅」へ。 [地図]


狭隘な道にバス 左折するとすぐにこの狭さ。前を行くバスが結構いっぱいで対向車とすれ違いにくい、こりゃぁバイパスも作られるわけです。

再度篠山川渡河 「岡本橋」で再度篠山川を渡る。

カーブ地点が膨らんで広い カーブ地点は少し膨らんで広い。

その先はまた狭い その先はまた狭い。

現道合流 ここで現道に合流する(写真撮影時点ではまたBPはできていない)。県道はここを左折する、谷川駅行きのバスは直進している。

スラリと伸びる2車線 2車線の道がすらりと伸びている。

JR加古川線交差 24枚前の「山崎橋」を渡る手前で別れていた市道がここで左からやってくる、県道は直進、右折すると谷川駅へ。 「第二玉巻踏切」で加古川線を渡る、写真のように登下校時間は児童が集団でいるので走行注意。

80m程してすぐにまた踏切 80m程してすぐにまた踏切がある。

JR福知山線交差 「谷川踏切」で福知山線を渡る。「玉巻第一踏切」かと思えば違った、ではどこにあるかというと柏原方面に少し行ったところにある第四種踏切がそれ。

白実線 「第二玉巻踏切」からしばらく白実線が続いている。

白破線に 白破線になった、歩道が設置されている。

冠水情報板 「冠水情報」板、この先アンダーパスとなっている。

再度JR福知山線交差 福知山線をくぐる、「玉巻JRアンダー交差部」という名が付いている。 冠水時はむやみに突入しちゃだめだゾ。

歩道消失 歩道がなくなった。

福知山線沿い 右隣りの上にJRが走っている。

県道291号線分岐 奥野々で「兵庫県道291号 奥野々氷上線」が分岐する。 r86はここを直進する、r291は左折。 [地図]

旧道は線路向こう かつては右手線路向こうに見える家々の方に線路を渡って走っていた。

奥野々坂に向かって上る 道は奥野々坂に向かって高度を上げていく、線路はそのまま奥野々トンネルに吸い込まれていく。

緩く右にカーブ 緩く右にカーブする。

旧道分岐 トンネル前で旧道が分岐している。 [地図]

奥野々トンネル奥野々トンネル」で奥野々坂下を穿っている。

旧道合流 トンネルを出てすぐのところで旧道が合流している。 [地図]

黄色実線に しばらく下ってきたところで追越禁止区間となる、基準がようわからんよな。

こちらも加古川水系 こちらに下りてきても奥野々坂の手前と同じ加古川水系だ。

矢走川渡河 「矢走橋」で矢走川(やばせ)を渡る。

左にカーブ 左にカーブする。

大部谷川渡河 「小倉新橋」で大部谷川(おべたに)を渡る。

柏原川渡河 「中山橋」で柏原川を渡る。

r292並走 右手向こうにr292と並走する。

国道176号線合流・兵庫県丹波市柏原町下小倉「下小倉」交差点 終点 「下小倉」(しもおぐら)交差点で国道176号線にぶつかってr86は終わりを告げる。 左右の道ががR176。 [地図]